めんどこちょい

面倒くさがり+おっちょこちょい=めんどこちょい

フリーランスの確定申告。とりあえずやるべき3つの事。「めんどこ的」確定申告のススメ

フリーランス恒例。年に1度の確定申告

わかっちゃいるけど面倒くさい。

そもそも何すればいいの?

そんなあなたのための記事です。 

「めんどこちょい」でもできる確定申告。キホンのキホン。

  

確定申告が面倒?

いや、まぁねえ。面倒くさいですよ。そりゃあ。

でも、そんなこと言わないで。まず、メリットを考えよう。

 

そう。その面倒くささをしのぐメリットがあるのです。

 

ズバリ 

臨時収入

 もう、これしかないでしょ。なんといってもこれ。

 

臨時収入?え?

 

去年1月~12月の間に払った所得税、ありますよね?

 その金額と、本来あなたが払うべき所得税の差額がかえってきます。

 めんどこの場合、だいたい毎年10~20万円返ってきてます。

 

確定申告を難しく考えている人もいるかもしれませんが、

 

稼いだお金(収入)- 経費 =所得

 

これをきちんと計算しましょう、というのが確定申告。

いたってシンプルなんです。

 

 というわけで、この臨時収入を心の支えにして頑張りましょう。

 

やることその1:返ってくる予定のお金のことを考えて、ウハウハしよう

まず、自分はいくら返ってくるのか?

なんとなく把握しましょう。

 

把握するといっても、きちんと分かるのは、諸々の計算を終えてからのこと。

まず、「これぐらい返ってくるかも?!」 という気持ちをリアルに持つことで、

モチベーションを保つのです。

 

ほんで、それっていくら?

フリーランスの人は、1月になると、

去年お仕事をした会社から「支払調書」がバンバン送られてきますね。

まずは、その中の「所得税」の額を合計しましょう。

その金額から、いくらか戻ってくるんです。
(いや、もちろん追加で払う場合もありますが)

 

「このお金がこれぐらい返ってきたら、これ買えるやん!」

 

なんて妄想にひたってウハウハしましょう。

 これが、確定申告をするときの原動力なのです。

 

 

やることその2 :いくら稼いだか、計算しよう

さきほどの、「支払調書」に書かれている「支払金額」

 その他、、支払調書が発行されない仕事もあったことかと思います。

そんな収入も合計しましょう

  

「ああ、こちらの方々にお仕事させてもらったんだね、ありがとうございます」

と感謝したり。

「今年、これぐらい稼いでたのかぁ~。どこへ行ってしまったんだろうねぇ。。。」

なんてボヤく時間でもあります。

 

やることその3:領収書と向き合おう 

 確定申告の際、「経費」を書く欄があります。

経費をキチンと計算、申告することで、お金がかえってくるのです。

これを機に、仕事をする上でかかったお金と向き合いましょう。

 

 「あの仕事、あれだけもらったけど、けっこう経費かかってるじゃん。そこまでオイシイ仕事じゃなかったなぁ。。。。」

なんて感傷にひたるのも、この時間。

 

経費にはこんなのがあるよ

共通してありそうな経費の項目といえば、

・交通費

・PC関係

・家で仕事してるなら、家賃や光熱費、通信費も按分できます

 

ちなみに、めんどこは音楽家なので、楽譜代、機材代(楽器・DTM関係)なんかがありますかね。

あ、あと衣装代とかね。

 

 

その3:ここまでくれば、ゴールは近い。やる気になったら、コレ 

日本一かんたん!フリーのための確定申告ガイド

日本一かんたん!フリーのための確定申告ガイド

 

 

 こちらの本はですね、フリーランスのための確定申告を、わか~~~~りやすく書いてくれてます。

 私はこれ1冊読んだだけで、確定申告ができるようになりました。

この本を読んで、理解して、あとは地味な作業をひたすらこなすだけです。

 

1回確定申告するだけで余裕でモトがとれます。おトクだぜ。

 

 

私がブログでグダグダ書くより、ネットを渡り歩くより、本を何冊も読むより。

 

まずこれ読んで。そしたらやり方分かるから。

 

しつこいけど、これを読まずして、「確定申告めんどうだからやらない」とか、マジありえない。

 まず読んで!!!

→ フリーのための確定申告ガイド 

 

じゃーねー☆