めんどこちょい

面倒くさがり+おっちょこちょい=めんどこちょい

東京ですごい雹(ひょう)。ところで雹って何?

今日は東京で雹(ひょう)が降りましたね。

かなり恐ろしいことになっていました。外にいなくてよかった。。 

 

 

雹(ひょう)って、一体なに?

実際に見たことがある方は、なんとなくわかるかと思います。

雪より硬い、小さな氷?とでもいえば良いのでしょうか。

 

雹 - Wikipedia

雹(ひょう)とは、積乱雲から降る直径5mm以上の氷の粒のこと。直径5mm未満のものは霰(あられ)と呼ばれ区別される。雹が降ることを降雹

(こうひょう)という。

 

雹は積乱雲の発生が多い夏季に多いが、地表付近の気温が高いと完全に融解して大粒のになってしまうので、盛夏にあたる8月前後よりも初夏の5月〜6月に起こりやすい。

 

ありゃ。冬ではなく、夏のものだったんですね。

 

 

雹(ひょう)の前兆は?

・巨大な積乱雲(入道雲)の発生が見える。 
・突然空が暗くなる。 
・雷の音が聞こえたり、光が見えたりする。
・ヒヤッとする冷たい風が吹き出してくる。
・大粒の雨が降り出してくる。

出典:雹(ひょう)は竜巻や豪雨の前触れであることも、ご注意を! - 風水害(台風・豪雨・竜巻) - 専門家プロファイル

 

確かに! 今日は雷→雨→豪雨→雹の順番でした!(わたしも移動していたので、そこらへんはアバウトですが)

 

しかし、こんなの当たったら絶対ヤバイですね。雹(ひょう)が降ってきたら屋内に避難しましょう。

 

 

【おすすめ記事】

www.mendokotyoi.com

www.mendokotyoi.com